FCL勤怠管理システム for サイボウズ ガルーン - タイムカードソリューション紹介サイト

タイムカード製品紹介サイト
  1. TOP>
  2. FCL勤怠管理システム for サイボウズ ガルーン

「FCL勤怠管理システム  for サイボウズ ガルーン」は、サイボウズ ガルーン上で稼働する勤怠管理アプリケーションです。サイボウズ ガルーンのタイムカード機能の打刻情報を元に、従業員別勤務表や全従業員勤怠一覧を作成したり、給与ソフトなどに利用可能なCSVデータを出力します。
       ※「FCL勤怠管理システム」パンフレット → FCL-kintai_201803.pdf

       ※ワークフロー連携、打刻連携などシステム連携構成図 → FCL-kintai_renkei_201609.pdf

【お客様の就業規則に合わせた完全カスタマイズ】

就業規則や管理方法は様々です。複数の勤務体系や各種休暇、細かいルールなど、ご要望に合わせたお客様専用システムを実現します。

【サイボウズ ガルーンを使うだけ】

FCL勤怠管理システムのデータはサイボウズ ガルーンのタイムカード機能の打刻情報を参照しているため、出社・退社の打刻はガルーンを使うだけです。

【専用サーバー不要】

専用の機器やPC端末を必要としません。サーバへのインストールと、「サイボウズ ガルーン」の設定だけで導入できます。

【ランニングコスト不要】 ※ガルーン パッケージ版のみ

永続ライセンスです。そのため、2年目以降、継続ライセンスは不要です。
注)クラウド版の Garoon をお使いの場合は、別途FCLクラウド利用料が必要です。

【導入後の安心サポート】

システム導入後、使い方のサポート、月間集計作業のフォロー等、サポートサービスを行っております。(別途、有償となります。)

★サイボウズ ガルーンのタイムカード情報を集計し勤務表作成

・従業員はガルーンにログイン後、タイムカード機能の「出社」「退社」ボタンを押すだけの運用で、勤務表を自動作成します。勤務表はリアルタイムに確認できます。

★打刻情報の事後修正登録可能

・直行・直帰や出張など、サイボウズ ガルーンへの打刻ができない場合、従業員が事前または事後、打刻情報の修正登録ができるため、管理側が修正する手間がかかりません。

★各種休暇、休日出勤の事前登録可能

・有給休暇、代休などの各種休暇を取得する場合、事前に休暇登録ができます。また、休日出勤の場合、休日出勤の理由、代休取得の有無等を一緒に登録することができるため、管理側は先行管理ができます。

★勤務表の集計欄が充実

・勤務表には、総勤務時間数、残業時間数、遅刻・早退・欠勤状況、各種休暇取得日数などを表示する集計欄があります。集計結果はリアルタイムに更新するため、従業員も管理側も一目で最新情報を確認できます。

★組織・部署ごとの個別管理

・月次の勤怠管理は総務などの管理部門が行いますが、部署ごとに上長が部下の勤怠管理を行うことができます。部下が何らかの理由により勤怠状況を登録できない場合など、管理ページから部下の勤務表をチェックし、上長が登録することができます。


★給与計算ソフトの元データとして活用

・管理ページでは、全従業員の月次の勤怠データが一覧表示され、CSVファイルへの出力ができます。CSVファイルはそのまま(またはExcel等の表計算ソフトで加工後)、給与計算ソフトへインポートすることができるため、給与計算ソフトへの勤怠データ入力作業が軽減されます。

★「働き方改革関連法」に伴う有休管理と超勤管理  おすすめ!!

・2019年4月~スタートした「働き方改革関連法」に伴い、時間外労働時間の管理や有給休暇管理簿の機能ができました。厚生労働省が推奨する管理方法とお客様のご要望に合わせてカスタマイズいたします。


 ★Garoon のワークフロー連携、スケジュール連携  おすすめ!!

・休暇や残業、休日出勤など各種申請は Garoon のワークフローを使い、承認済みの申請のみ「FCL勤怠管理システム」に連携します。同時に、Garoon のスケジュールに自動登録する連携オプションもあり、Garoon を有効活用できます。

サーバーOS

Windows Server 2012
Windows Server 2016
Cent OS 6
Cent OS 7
Red Hat Enterprise Linux 6
Red Hat Enterprise Linux 7

AP

サイボウズ ガルーン 4
サイボウズ ガルーン 5
Garoon on cybozu.com(ガルーン クラウド版)

言語

PHP 7.0~

本システムは、サイボウズ ガルーンと同一サーバーに導入することをお勧めしておりますが、セキュリティ面やパフォーマンス面で心配がある場合、SaaS のガルーンを利用しているため同一サーバーへの導入が不可能な場合などは、別のサーバーに導入してもお使い頂けます。